アメリカ文学おすすめ作家まとめ《現代》

11851566766_2ca8351cf2_k

photo by Angela (Angie) Accarrino

外国文学に興味があるけど…古典は苦手。

そんなあなたに、厳選したおすすめのアメリカ現代作家を紹介します。

アメリカ文学初心者におすすめの現代作家

チャールズ・ブコウスキー

5076205384_ed3d2b683d_z

photo by waltarrrrr

ばかばかしくて可笑しくて、どこか切ない(哀愁)。そんな作品が多い、日本でも人気のアウトロー作家。

この人が描く主人公は決まって飲んだくれで、頭のネジがいくつか外れていて、とにかく口が悪い(そしていつも何かに怒っている)。

退廃的なキャラクターが多いですが、湿っぽさや陰気さは全くなく、むしろばかばかしくて面白い。コミカルな要素も多く笑えるシーンがたくさんあります。

色々作品がありますが、特に短編小説がおすすめ。文章が淡々と進んでいくのでリズムよく読めます。

アウトロー作家の作品の作品というと、ドラッグがよく出てきて抵抗がある人が多いと思いますが、ブゴウスキーの場合はそんなに出てこないので大丈夫です。(その分、酒はよく出てきます。だいたい主人公は二日酔い…)

読みやすいので、海外文学初心者にもおすすめです。

◇チャールズ・ブコウスキーの代表作

どちらも日本でもわりと有名な短編集。チャールズ・ブコウスキーを初めて読む人にはおすすめです。

ポール・オースター

10873254866_4735af123b_z

photo by Francisco Huguenin Uhlfelder

最近は日本でもすっかり有名作家になった、ストーリーテラーの名手のポール・オースター。今や本国アメリカよりもむしろ日本やフランスの方が人気が高いようです。

ポール・オースターの魅力はとにかく読みやすくてリズム感のある文章、そして何と言っても「ストーリーの面白さ」。

読み進めていくとどんどん引き込まれていって止まらなくなる、そんな作品が多く、普段は外国文学をあまり読まないけど「オースターのあの作品は忘れられない一冊」という方も結構います。

3781816399_c42f375d0c_z

photo by srgpicker

また、名訳に恵まれているというのも見逃せないところ。ポール・オースターの作品はほぼすべて、柴田元幸(東大教授)さんというアメリカ文学翻訳の第一人者の方が翻訳をしています。

ポール・オースター本人とも親交がある名訳者が翻訳していることもあって、原文の雰囲気がしっかりと翻訳に残っています。これは実際に原文と比べてみるとわかります。

ちなみに、柴田元幸さんはポール・オースターの代表作『ムーン・パレス』の訳で翻訳大賞を受賞しています。

初めて外国文学を読む方にはぜひおすすめしたい作家です。

◇ポール・オースターの代表作

主人公の大学生が様々な偶然と出会いに翻弄されていく青春小説。「ポール・オースターの中でいちばん好きな作品」に挙げる日本の読者も多いです。

ニューヨークを舞台としたオースターの出世作。「幽霊たち」「鍵のかかった部屋」と合わせて、「ニューヨーク三部作」と呼ばれています。

ジョン・アーヴィング

12593582053_54479de2c3_z

photo by nschouterden

続いてはアメリカ文学を代表する巨匠、ジョン・アーヴィング。現代アメリカ文学を紹介するなら外せない作家です。

この作家もストーリーテラーの名手。特に家族などを扱った物語性の強い作品が多いです。

物語がしっかりしている分、ページ数も若干多め。だいたいの長編は上下巻として分けて販売されています。

特徴は、個性の強いキャラクターがたくさん出てきて、それぞれの生き方を大きなスケールで描くこと。登場人物のある時期に起こった物語としてではなく、長い人生の中で物語が描かれることが多いです。それも決して幸せで心温まるストーリーばかりとは限らない。だけど物語がしっかりと胸に刺さってくる。そんな作品が多いのが特徴です。

Amazonのレビューを読んでいても、

「人生のバイブル」
「辛いときに読み返す」

などといった、「特別な一冊」としてあげるコメントが目立っています。

ボリュームが多めの小説がほとんどですが、読みやすいものばかりなので、面白い物語を時間をかけてじっくりと読みたい!という方にはおすすめの作家です。

◇ジョン・アーヴィングの代表作

アメリカで数年にわたる大ベストセラーとなり、映画化もされたジョン・アーヴィングの出世作。主人公T・S・ガープの幼少期から大人・父親になっていく人生を描いた物語です。

こちらも映画化されたジョン・アーヴィングの代表作。ホテル・ニューハンプシャーとそれに関わる家族の物語です。

中級者編・アメリカ文学が面白くなってきた人におすすめ

コーマック・マッカーシー

image_original

photo: http://matome.naver.jp/odai/2140375040552768101/2140375812777783703

近年、ノーベル文学賞の有力候補として注目を集めている現代アメリカ文学を代表する作家。作品がいくつか映画化されたことで、日本でもだいぶ有名になり、翻訳される作品も増えてきました。

特徴はその乾いた文体。コーマック・マッカーシーの小説はどれも、感情を削り取ったような冷徹な表現、いわゆるハードボイルドな文体で描かれます。

翻訳されて日本で販売されている小説でも、そんな文体の特色が汲み取られた名訳がほとんど。Amazon.co.jpのレビューを見ても、翻訳版のどの作品もとても評価が高いです。

代表作は2005年の『血と暴力の国』(No Country for Old Men)。2007年に映画化され(日本語題『ノーカントリー』)、アカデミー作品賞を含む計4部門を受賞しました。

文章に好き嫌いが分かれるかもしれませんが、ハマる人はかなりハマるはず。アメリカ現代文学を代表するおすすめの作家です。

◇コーマック・マッカーシーの代表作

原題は”No Country for Old Men”。アメリカとメキシコの国境地帯を舞台とした、麻薬取引の大金を巡る犯罪小説。映画化され大ヒット作となりました。

ピューリッツァー賞を受賞した終末小説。こちらも2009年に映画化されました。ストーリーは終末的な世界を父と息子が彷徨い歩くというもので、アメリカの文化雑誌に「過去25年間の最も優れた本である」と評されました。

ドン・デリーロ

6457715383_50ce7e6c42_z

photo by adm

続いてもアメリカ現代文学を代表する巨匠、ドン・デリーロ。

こちらも最近はノーベル文学賞の常連候補となっている作家なのですが、日本での知名度はなぜか低め。それなりに外国文学を読む人でも知らないという人が多いかもしれません。

作風は現代社会の事柄や政治的な問題などを取り入れながら、人々のありさまを鋭い視点で的確に、そして想像力豊かに描き出そうとすること。どの作品も読み応え十分です。

ただ、日本での知名度が低いがゆえに残念ながら既に絶版になっている作品が多いのが現実。かろうじて販売されている作品だと、

・「コズモポリス」
・「ボディ・アーティスト」
・「墜ちてゆく男」

あたりですが、絶版になっている、

・「アンダーワールド」(上・下)
・「ホワイト・ノイズ」
・「リブラ 時の秤」

などの有名どころはAmazon.co.jpで運良く在庫があれば買えます(プレミアが付いているのでちょっと高いですが)。

今のところ再販の予定はなさそうですが、いつかまた再び書店でドン・デリーロの名作が並ぶことを願ってやみません。

◇ドン・デリーロの代表作

莫大な資本を動かす若い青年の成功と影を、ニューヨーク市マンハッタンのとある1日の中で描いた作品。映画化もされました。

アメリカの9.11同時多発テロを舞台とした話題作。アメリカの世相をリアルに描いた、ドン・デリーロらしい作品です。

レイモンド・カーヴァー

2780249289_7b4c7fdabe_z

photo by Anthony Easton

続いてはアメリカ現代文学における短編小説の名手、レイモンド・カーヴァー。

村上春樹がその作品のほとんどを翻訳したことで、日本でも大変有名になった作家です。

作風は文章の装飾を必要最低限にとどめ、シンプルに物語を描く、「ミニマリズム」という手法。平坦な文章の中にユーモアがたくさん詰まっていて、時にミステリアスでいろんな解釈を呼び起こすようなストーリーには、日本でも熱狂的なファンがいます。

孤独や空虚感、家庭の崩壊や挫折をテーマにした作品が多く、それが肌に合う人にはとにかく病み付きになる作家。村上春樹が好きな人、カフェでじっくり短編小説を読みたい人にとてもおすすめです。

◇レイモンド・カーヴァーの代表作

村上春樹が選んだレイモンド・カーヴァー傑作選。初めて読む人にはまずこれがおすすめです。

レイモンド・カーヴァー全集の中の一冊。ハードカバー版はしっかりとしたケースに入っています。

上級者編・アメリカ文学にハマってきた人におすすめ

リチャード・ブローティガン

10699947714_88784394f7_z

photo by Carlos Riquelme

ヒッピー文化を象徴する作家・詩人、リチャード・ブローティガン。

アメリカ文学が好きな人の間ではおなじみの作家なのですが、おそらく一般的にはほとんど知られていないと思います。

特徴は、独特な比喩やネーミングで表現される唯一無二の幻想的な世界観。まるで飛び道具のような飛躍的・芸術的なセンテンスは、好きな人には鳥肌モノですが、合わない人はただ「ポカーン…」としてしまうだけかもしれません。

いま、こうしてわたしの生活が西瓜糖の世界で過ぎてゆくように、かつても人々は西瓜糖の世界でいろいろなことをしたのだった。あなたにそのことを話してあげよう。わたしはここにいて、あなたは遠くにいるのだから。

「西瓜糖の日々」 藤本和子訳 (河出文庫)
そうだ。あの酔いどれが鱒釣りのことを話してくれたのだ。かれは口がきける状態のときは、さながら知性を備えた貴金属の話でもするような調子で、鱒のことを語るのだった。

「アメリカの鱒釣り」 藤本和子訳 (新潮文庫)

リチャード・ブローティガンのこの独特な作風やテーマは、当時のアメリカの若者たちから大きな支持を受け、ヒッピーやウッドストックフェスティバルなどが象徴する、1960年代アメリカの「カウンターカルチャー(対抗文化・若者文化)」の代表的な作家となりました。

好き嫌いがはっきりと分かれるかもしれませんが、一冊あたりのページ数はそれほど多くはないので、アメリカ文学にハマってきた方にはぜひチャレンジしてもらいたい作家です。

◇リチャード・ブローティガンの代表作

1967年に発売され一躍ヒッピーのバイブルとなった伝説的一冊。リチャード・ブローティガンの個性が詰まった、アメリカ文学好きなら絶対に読んでおきたい作品です。

コミューン的な世界観の中で、平和や暴力を描いた静かで幻想的な詩的小説。当時の若者を熱狂させたリチャード・ブローティガンの代表作です。

スティーヴ・エリクソン

6811081_db1745f193_z

photo by Steve Rhodes

圧倒的な想像力で物語を繰り広げる「幻視の作家」、スティーヴ・エリクソン。

おそらく日本ではほとんど知名度がないと思いますが、翻訳家やアメリカ文学の愛好家からの評価は高く、わりと作品も翻訳されていて、絶版にならずにかろうじて出回っています。

特徴は、圧倒的な想像力で表現される幻想的な世界観。時間や空間の制限を取り払い、縦横無尽に駆け回る物語は圧巻。読み進めハマっていくうちに、どこか違った世界へ続く時空の穴に迷い込んでしまったかのような錯覚に陥ります。

スティーヴ・エリクソン_本棚

ただしこの手の作品を読み慣れていない人には結構読みにくいかもしれません。

理屈とか手順とか抜きにして話がどんどん膨らんでいき、感情や愛情が強烈に描かれていきますので、慣れない人や肌に合わない人は多分消化不良になるんじゃないかと思います。

万人におすすめできる作家ではないですが、特に幻想的な小説が好きな人、文学色の強い作品が好きな人はお気に入りの特別な作家になるかもしれません。

◇スティーヴ・エリクソンの代表作

スティーヴ・エリクソンを読破したい!という強者ならまず抑えておきたいのがこの作品。処女作にして大絶賛された最高傑作です。

風俗店ひしめく歌舞伎町が登場する幻想的な小説。比較的読みやすく、エリクソンファンの間では支持の高い作品です。

トマス・ピンチョン

280847050_8fb9beb5c7_z

photo by alex_untitled

現代アメリカ文学を代表する重鎮にして、謎の多い「覆面作家」、トマス・ピンチョン。

公の舞台に姿を現すことは一切なく、写真も学生時代と軍隊時代に撮影したたった2枚が発見されているだけ。「全米図書賞」などの権威ある文学賞を受賞しても授賞式には姿を表さず、そもそも受賞辞退をすることも。その素性がほとんど知られていない謎の多い作家です。

作品はとにかく長く、難解なことで有名。しばしば「ポストモダン文学」と呼ばれる非形式的、放漫的で、論理性や物語の構築といったストーリー展開の整然さを無視した作風をもち、複雑でつかみ所のない、迷路のような作品が多いのが特徴です。

327723771_b0dfaaa918_z

photo by /~helmar

アメリカ文学が好きな人でも、日頃から外国文学をよく読む人でも、最後まで読めずに断念してしまう人が多いです。かなり文学オタク向けな作家だと思います。

ただ一方で、熱狂的な信者も多く、近年は定期的にノーベル文学賞候補にも挙げられています。日本でも翻訳されている作品が多く、最近は全集も発売されました。

軽々しく手に取ると挫折してしまいそうですが、まとまった休日があれば、思い切って挑戦してみるのも良いと思います。

◇トマス・ピンチョンの代表作

フォークナー賞を受賞したトマス・ピンチョンの長編第1作。読者に無数の解釈を呼び起こし、しまいにこの小説を理解すること自体を諦めさせてしまうような、現代アメリカ文学の最高峰です。

植民地時代のアメリカを舞台とした超大作。翻訳はポール・オースターなどの訳業で有名な柴田元幸氏。専門用語も多くかなり分量が多い作品ですが、その分読み応えも十分です。

【まとめ】

現在、随時更新中。

関連記事