アイルランドとはどんな国?圧巻の大自然と出会えるヨーロッパの穴場な観光地

名前は知っていても、どのような国なのか詳しく説明できない国があります。アイルランドもその一つではないでしょうか。

アイルランドはとても美しい島国で、イギリスの雑誌では「最も住みやすい国」に選ばれたこともあります。また、人気の観光地もあるので、海外旅行先の一つに検討してみるのも良いと思いますよ。

ここではアイルランドについて、基本情報から人気の観光地まで詳しく紹介していきます。

アイルランドとはどんな国?

アイルランドの基本情報

アイルランドは、イギリスの隣にある島国です。イギリスは知っていても、意外とアイルランドがどこかを知らない人は多いでしょう。

アイルランドの基本情報は以下の通り。外務省のホームページで公開されている情報の引用となります。

  • 国土面積:約70300平方キロメートル
  • 首都:ダブリン(約134万人、2016年アイルランド国勢調査)
  • 人口:約476万人(2016年アイルランド国勢調査)
  • 通貨:ユーロ
  • 言語:ゲール語(アイルランド語)、英語
  • 宗教:カトリック教(約78%、2016年アイルランド国勢調査)

国名としての呼称は「アイルランド」または「アイルランド共和国」。アイルランド島の大半を領土としています。

アイルランド島の面積は「84,420㎢」で、北海道の「83,450㎢」とほぼ同じ。ただし島の全てが領土ではありません。

アイルランド島の北部は「北アイルランド」と呼ばれ、実はイギリスの一部となっています。「アイルランド共和国」と「北アイルランド」は自由に往来できますが、全く別の国なので勘違いしないようにしましょう。

また、人口は福岡県の「約505万人(2012年)」よりも、わずかに少ないくらい。一方で、面積は福岡県の約15倍あり、とても広々とした国であることが想像できると思います。

実際、自然が豊かな国で、歴史ある大自然を楽しむためにアイルランドを訪れる観光客も少なくありません。

割引セールやクーポン、Expedia+会員ポイントや航空会社のマイルなど、「エクスペディア」で格安に旅行する賢い方法について。

アイルランドの歴史

アイルランドの歴史を簡単に紹介します。以下は、外務省のホームページで紹介されている略史の引用です。

12世紀:イングランド(現在のイギリス)による植民地支配開始
1801年:英国がアイルランドを併合
1916年:イースター蜂起(独立を目指す武装蜂起。英国により鎮圧。)
1919年~1921年:対英独立戦争
1922年:英連邦内の自治領アイルランド自由国として独立。北部6県(現在の北アイルランド)は英国領にとどまった
1949年:英連邦を離脱。アイルランド共和国になる
1955年:国連加盟
1973年:EC(後のEU)加盟
1998年:アイルランドと英国間で北アイルランドに係る和平合意(通称:「ベルファスト合意」)成立
1999年:ユーロ導入(ユーロ創設メンバー)

1949年にイギリス連邦を脱退し、現在では独立国家となっています。

長らくイギリスの植民地であった歴史があり、特に現在でもイギリス領となっている「北アイルランド」をめぐっては、独立後もテロや暴動などの衝突が起こっていました。

1998年のベルファスト合意によって和平合意がなされ、その後の国民投票により、アイルランド共和国は北アイルランド6州の領有権主張を放棄することになりましたが、現在でもこの地域の帰属をめぐっては様々な国民感情があると言われています。

現在では、外務省は渡航に関する注意喚起を行っておらず(2017年現在)、比較的安全に訪れることができる国の一つになっています。

割引セールやクーポン、Expedia+会員ポイントや航空会社のマイルなど、「エクスペディア」で格安に旅行する賢い方法について。

アイルランドと日本の関係

意外と知られていませんが、アイルランドと日本は友好国です。

東日本大震災では、当時のアイルランドは経済危機にありながらも、日本赤十字に対して「100万ユーロ」を拠出しています。また、EUを通じた緊急援助物資の提供ありました。

近年は要人の往来も頻繁になっています。2013年6月には、日本の安倍総理が同国を訪れ、12月には同国のケニー首相が来日しています。

また、2017年は外交関係樹立「60周年」の記念の年となり、様々な記念式典が催されました。今後も二国間関係の発展が望まれています。アイルランドにとって、日本は重要な貿易相手国の一つなのです。

一方、アイルランドは2007年にワーキング・ホリデー制度が導入されている国の一つです。ワーキング・ホリデー制度は海外に長期間滞在できる制度で、相手国の同意なども必要となるため、限られた国しか導入されていません。

オーストラリアのほか、カナダ、ドイツ、フランス、台湾など、世界でも十数ヶ国しかない制度です。アイルランドがその一つに選ばれていることでも、二国間の友好関係が理解できるでしょう。

アイルランドのおすすめ観光地

アイルランドには「大自然を楽しむ観光地」と「文化に触れる観光地」があります。

日本では感じられないような勇壮な大自然を楽しむ旅もできます。そして、古い物語を紐解くような文化に触れる旅も、また興味深いと思います。

モハーの断崖

アイルランドの西部に位置する「モハーの断崖」は、美しくも大自然の驚異を目の当たりにできる場所。

大西洋に面した「120メートル」に及ぶ断崖は、日本ではなかなか見ることができない景色です。世界遺産ということもあり、年間100万人を超える観光客が訪れています。

また、アラン諸島イニシュモア島の「ドンエンガス(ドゥーン・エンガス)遺跡の崖」も、モハーの断崖と同じくらいに自然の素晴らしさを感じられる場所です。どちらも美しい海も眺めることができる絶景ですが、モハーの断崖のほうが、アクセスが良いことで人気になっています。

バレン高原

石ばかりの一風変わった丘陵が臨めることで人気のバレン高原。まるで古代人が一つ一つ積み上げたかのような景色は、自然の不思議をまざまざと感じられます。

また、バレン高原の見どころは「巨人のテーブル」です。こちらはブルトン語で「ドルメン(Dolmen)」と呼ばれる物で「お墓」なのです。発掘の際には20人程の大人と6人の子どもの人骨が見つかったことでも有名になっています。

この巨人のテーブルはアイルランドでは有名な場所で、ギネスビールのCMに使われていることからも人気のスポットになっています。

ただ、イメージよりも実物は小さかったという人もいて、巨人のテーブルという日本の名称は過剰なのかも知れません。

キラーニー国立公園

アイルランドの南西部に位置する人気スポット、「キラーニー国立公園」。

自然を生かした国立公園で、ゆったりとした時の流れを感じられる場所です。美しい湖や「マックロス・ハウス」「ロス城」などがあり、穏やかな時間を感じながら旅行したい人にはおすすめの観光地です。

また、観光客のための馬車があって、カップルで楽しく回ることもできます。

マックロス湖の東側には「マックロス・ハウス」があります。ヴィクトリア様式の建物で一般公開もされています。ヴィクトリア様式は人気も高く、住んでみたいと思っている人も多いので、この機会にじっくりと見学するのも良いと思いますよ。

ロス城はノルマン様式です。世界史などでも習う「クロムウェルのアイルランド侵略(1649年~1653年)」の際には、アイルランド軍の最後の抵抗が行われた舞台としても知られています。歴史に興味がある人にはおすすめの観光地です。

ジャイアンツ・コーズウェイ

巨人の石道という意味を持つ「ジャイアンツ・コーズウェイ」は、全長8キロメートルにもなる広大な場所です。

火山活動によって形成された地形は「六角形の石柱」が、延々と並んでいます。

現地では巨人が作ったという伝説もあります。現在は希少な動植物の生息地としても人気で、観光客や研究者など、多くの人が注目するスポットになっています。

見どころになっているのは、巨人が作ったという伝説の根拠とされている「岩」です。それぞれ「オルガン」「願いの椅子」などと名前がついているので、じっくりと探してみるのも面白いと思いますよ。

トリニティ・カレッジ(ダブリン大学)

アイルランドで最も由緒ある大学「トリニティ・カレッジ」の設立は1592年。石造りの建物は目を見張る美しさで大変な人気があります。首都ダブリンの中心地にあるため、とても観光しやすい場所の一つです。

トリニティ・カレッジで最も人気があるのは「ケルズの書」。世界で最も美しい本と称されています。文字も心を込めて手書きされていて、そこに鮮やかな絵が花を添えています。それ自体が一つの絵画であるかのような美しさがあります。

また、ケルズの書がある「トリニティ・カレッジ図書館」も人気のスポット。どこまでも続くような長部屋は圧倒されること間違いなしです。きっと物語の世界に足を踏み入れたような気分を味わえると思いますよ。

キルメイナム刑務所

アイルランドの一つの側面として、イギリスからの支配を受けた暗い歴史も忘れてはなりません。

その象徴のような場所が「キルメイナム刑務所」。アイルランドの独立運動である「イースター蜂起」の時には大勢が収監されました。

刑務所の中でも最も注目したいのは「石碑」。アイルランドを独立に導いた、イースター蜂起のリーダーの名前が刻まれている石碑は、必ず見ておきたい場所です。

ギネス・ストアハウス

日本のみならず、世界中で愛されている「ギネスビール」。ギネス好きなら必ず訪れたいのが「ギネス・ストアハウス」です。

パブでギネスビールを楽しむのも旅の醍醐味ですが、美味しいギネスビールを味わいたいなら、まずはギネス・ストアハウスを訪れてみましょう。首都ダブリンにあるので、アクセスも良好です。

ギネス・ストアハウスは、ギネス醸造所も見どころですが、最上階の展望台で楽しめる無料のビールも人気。周りの建物も高くないため、最高の見晴らしが期待できるでしょう。

また、ギネスと縁が深い料理を楽しめるレストランもあります。ギネスビールを片手に美味しい料理を楽しめるので、観光のついでに腹ごしらえもしてしまいましょう。

1階のお土産コーナーもおすすめ。Tシャツが人気とのことです。

クライストチャーチ大聖堂

クライストチャーチと言うと、日本では大地震の被害を受けたニュージーランドの方がよく知られているかもしれません。

しかし、ダブリンにもクライストチャーチ大聖堂があります。こちらはダブリンに2つあるプロテスタント教会の一つです。

1038年に作られた木造教会が始まりで、1172年にはノルマン様式の「石造りの教会」に変貌しました。

さらに、ゴシック様式が加わったり、鐘楼が増築されたりするなど、長きに亘る建築様式の変遷が窺える建築物の一つです。

見どころは「地下室」。11世紀に作られたと言われている地下室が残っており、その歴史はアイルランドでは最も古いとされています。

地下室自体にも展示物がありますが、そこへ至る階段などは薄暗くて、独特な雰囲気が漂っています。

歴史を感じさせてくれる重要な施設であり、行ってみる価値は十分ですよ。

観光の注意点

比較的治安の良い国ですが、窃盗などは日本よりもはるかに多いようです。海外を旅しているという自覚をしっかりと持っておきましょう。観光スポットをじっくりと見ることも良いですが、周りに気を配ることも忘れないようにしましょう。

観光地は中心市街から遠くにある場所もあります。バスツアーを利用するなど、安全に観光できる方法を選ぶようにしましょう。

また、性犯罪の発生件数も多く、女性の一人旅、女性だけでのグループ旅行は、特に注意が必要。

安く入れるチケットがある、車で送って行くなどと言葉巧みに誘ってくる犯罪者もいるようなので、公共の交通機関やツアー以外を利用することは、可能な限り避けるほうが良いでしょう。

おわりに

大自然を味わったり、歴史や文化を体験できる、観光地としても魅力的なアイルランド。

英語圏ということで、比較的旅行しやすいかもしれません。

あまり日本人に馴染みのない国を旅してみたい方や、ゆったりとした旅を楽しみたい方にはおすすめです。

割引セールやクーポン、Expedia+会員ポイントや航空会社のマイルなど、「エクスペディア」で格安に旅行する賢い方法について。

関連記事

ドバイとはどんな国?独特な歴史・文化を持つ中東屈指の観光地

イースター(復活祭)とはどんな意味?由来や過ごし方などまとめ

アメリカ文学おすすめ作家まとめ《現代》

サンフランシスコとはどんな街?西海岸を代表するビジネス・カルチャーの中心都市

面白い!一巻で完結するおすすめ漫画まとめ

カンボジアとはどんな国?急発展の光と影が見えるアジアの最貧国