Akismetの設定方法(有効化・APIキー取得手順について)|WordPress

8231575696_2339be0243_k

photo by Daniel Go

WordPressのスパムコメント対策の定番プラグイン、Akismetの設定方法、有効化・APIキー取得手順について、図解でわかりやすくご説明します。※2014年8月最新。

Akismetとは?

まずは初心者向けに、Akismetについて簡単に説明しておきます。

Akismetとは、WordPressで投稿した記事対して書き込まれたスパムコメントを自動的に判定してスパムフォルダに分類してくれる超定番のプラグインです。

Akismet0

ブログサイトなどのユーザーからのコメントを受けているサイトだと、必ずと言っていいほどスパムコメントが来ます。WordPressはメールソフトのように、スパムの自動振り分け機能がないため、Akismetのようなスパム対策プラグインを入れる必要があります。

PVが多くなってくると一日に数十件のスパムコメントは当たり前の状態になるため、Akismetはサイトの運用には欠かせないプラグインです。

Akismetの設定方法

手順①:Akismetの有効化(インストール)

設定手順については、まずはAkismetを有効化するところから。

WordPressの管理画面にログインし、サイドバーの「プラグイン(インストール済みプラグイン)」を選択。

Akismet2

AkismetはWordPressをインストールするとデフォルトで入っているため、プラグインの一覧にあるはずです。

もし見当たらない場合(既に削除してしまった場合)は、サイドバーの「新規追加」を選択し、検索窓に「Akismet」と入力して検索すれば出てくるはず。ここからインストールしてみてください。

続いてAkismetの「有効化」をクリックします。

Akismet1

するとWordPressの管理画面の上部に「Akismetアカウントを有効化」というアイコンが表示がされます。

Akismet3

このアイコンを選択するとAkismetの設定画面へ遷移します。

Akismet4

上の設定画面を見てわかるとおり、Akismetは有効化しただけでは設定完了とはならず、APIキー(無料版有り)を取得し入力しなければなりません。

ただし設定方法はとても簡単。時間もかかりませんので、ここで諦めずに次の手順に進んでください。

手順②:AkismetのAPIキーを取得

AkismetのAPIキーを取得します。

先ほどのAkismetの設定画面にある、「APIキーを取得」というアイコンをクリック。

Akismet5

するとAkismetの公式サイトに遷移しますので、上部にある「GET AN AKISMET API KEY」と書かれたアイコンをクリック。

Akismet6

すると、ユーザー情報の入力画面に移動します。

ちょっと抵抗がある人がいるかもしれませんが、APIキーを取得し、Akismetを設定するにはユーザー登録をしておく必要があります。少し躊躇してしまうかもしれませんが、AkismetはWordPressの運営会社が提供しているツールなので比較的安心できるかと思います。

下の画面には正しいメールアドレスを入力する必要がありますが(後でメールが届くので正しく入力)、ユーザー名は任意のものでかまいません。※ユーザー名は最低4文字の半角英数字 (小文字のみ) 。

Akismet7

ちなみに、入力フォーム上部の「WordPress.comは日本語でもご利用いただけます」の「日本語」部分のリンクをクリックすると、Akismetとは関係のないページへ飛んでしまうので注意。

さらに、すでに一度Akismetに登録したことがある人は、同じメールアドレスを入力すると「登録済み」で設定できません。この場合は以前登録したIDとパスワードでログインすれば既に取得したAPIキーを確認できます。

入力が完了し、「Sign up→」をクリックすると下の画面に移動します。

今回は無料のAPIキーを取得するので、下図の「Personal」の枠内にある「SIGN UP」をクリックします。

Akismet8

今度は下図のような決済情報の入力画面に移動します。

もちろん、今回は無料でAPIキーを取得するのでクレジットカード情報などの入力は不要です。「無料」に設定しますので、右部にあるスライダーを下図のように変更してください。

Akismet9

デフォルトで真ん中寄りにあるスライダーを、

Akismet10

左隅までドラッグして移動します。すると「$」マークがゼロになるかと思います。これで無料の設定はOK。

Akismet11

上のようにスライダーの設定を変更すると、画面左部にあったクレジットカード情報の入力フォームが切り替わり、名前の入力フォームのみになるかと思います。

こちらの「First name」に名前を、「Last name」に名字を入力してください。※ハンドルネームでも構わないと思いますが、そこは個人の判断ですかね。

Akismet12

「CONTINUE」をクリックすると、下のような登録完了画面が表示され、APIキーを取得することができます。

また、先ほど登録したメールアドレスにも、同じAPIキーが届いていると思います(来ない人は迷惑メールフォルダをチェックしてみてください)。

Akismet13

APIキーの取得手順については、これで以上。あとはWordPressの管理画面に戻って、取得したAPIキーを設定するだけです。

手順③:AkismetのAPIキーを設定

最後に、先ほど取得したAkismetのAPIキーをインストールしたプラグインに設定し、Akismetアカウントを有効化します。

設定は簡単。先ほどのAkismetの設定画面に戻り、空欄になっていた「手動でAPIキーを入力」のフォームに、取得したAPIキーをコピー&ペーストします。

Akismet4

入力して「このキーを使用」をクリックすると下の設定完了画面に移動します。これでAkismetの初期設定は完了です。

Akismet16

上の画面で振り分けや表示設定などが選べますが、特にデフォルトの設定から変更する必要はないと思います。

おわりに

アクセスが増えてくると一気にスパムコメントが増えますね。

かなり厄介ですが、Akismetを設定していれば、勝手にスパムフォルダへ移してくれて、日にちが経てば勝手に削除してくれるので便利です。無料で使用していますが、今のところ精度が低いと感じたことはないですね。

ちなみに今回の方法は2014年8月時点の最新版です。ときどきAkismetプラグインの設定画面やAPIキーを取得するWEBサイトの画面のレイアウトなどが変わったりしますが、初期設定フロー自体は基本的には変わらないと思いますので、ご紹介した手順を参考に設定してみてください。

関連記事