Twitterのタイムラインを埋め込む設定方法|WordPress

3939487692_0486e3e87e_z

photo by Rosaura Ochoa

Twitterのタイムラインを埋め込む設定方法について解説します。

プラグインなどは不要。おそらく5分もあれば完了する簡単な作業です。

WordPressにTwitterのタイムラインを埋め込む設定方法

手順①:Twitter埋め込みコードの取得

まずはタイムラインを埋め込みたい自分のTwitterアカウントの画面を開き、右上にある「プロフィールと設定」(プロフィール画像アイコンの部分)をクリック。

メニューが出てくるので、「設定」を選びます。

twitter-wordpress1

「設定」画面を開いたら、左のメニューの下部にある「ウィジェット」を選択。

twitter-wordpress2

すると「ウイジェットの作成と管理」の画面に遷移するので、上部にある「新規作成」のボタンをクリック。

twitter-wordpress3

すると「ユーザーウィジェットを作成する」の画面が開きます。いくつかタブがありますが、今回設定するのは「ユーザータイムライン」のところ。

twitter-wordpress4

設定項目は下記の通りです。

ユーザー名

今回作成したいタイムラインのTwitterのIDを入力する項目。デフォルトで入力されていますのでそのままで構いません。

オプション

「@ツイートを除外する」

返信のつぶやきをタイムラインに表示させるかどうかの項目。表示させない場合はチェックを付けておきます。

「画像を自動的に開く」

つぶやきに添付されている画像を表示させるかどうかの項目。チェックを外すと埋め込んだタイムラインに添付画像が表示されなくなります。

高さ

埋め込むウィジェットの高さを設定する項目。デフォルトは600pxに設定されています。

テーマ

埋め込むウィジェットのデザインを「明るい」or「暗い」の2パターンから選択出来ます。「明るい」を選ぶとウィジェット全体が白、文字が黒で表示され、「暗い」を選ぶとウィジェット全体が黒、文字が白く表示されます。

プレビューで確認ができるので、自身のサイトのデザインに合う方を選ぶと良いです。

リンクの色

つぶやきの中にリンクがある場合、リンク部分のテキストの色を設定できる項目。デフォルトは「青」に設定されています。

設定が終わったら「ウィジェットを作成」ボタンをクリック。

twitter-wordpress5

埋め込むためのコードが取得できますので、これを次の手順でWordPressのウィジェットに設置します。

twitter-wordpress6

手順②:WordPressのウィジェットにコードを埋め込み

コードが取得できたら、WordPressの管理画面の「ウィジェット」を開きます。

twitter-wordpress7

テキストのウィジェットを設置したい箇所に置き、その中に先ほどのコードを貼り付け、「保存」します。

twitter-wordpress8

これで設置は完了。完成はこんな感じです。

twitter-wordpress9

おわりに

まだ自分のサイトにTwitterを設置していない人はぜひ試してみてください。

関連記事