定番!WEBページ全体のキャプチャが取れるChromeの拡張機能 Full Page Screen Capture

182641756_094e20520f_b

photo by Paul Reynolds

資料作成などで活用する機会が多い、WEBページのキャプチャ機能。

Windowsの「PrintScreen」やMacのスクリーンショット機能(command+shift+3)を使う人も多いと思いますが、ディスクトップで見えている範囲しか取れないため、使い勝手が悪いことも。

そこで今回は、WEBページ全体のキャプチャが取れるGoogle Chromeの定番拡張機能をご紹介します。

定番プラグイン「Full Page Screen Capture」

full-page-screen-capture1

ご紹介するのは、WEBページのキャプチャが取れるGoogle Chromeの定番拡張機能「Full Page Screen Capture」

ページ全体のキャプチャを撮ることに特化しており、操作もシンプルで余計な機能がないことが特徴です。

Google Chromeをインストールしていれば、Chromeウェブストアから無料でダウンロードすることができます。

Full Page Screen Captureインストール

インストールはとても簡単。

まず、Google Chromeを立ち上げて、Chromeウェブストアへアクセスします。

左上の検索窓から「Full Page Screen Capture」を検索し、左のメニューから「拡張機能」を選択してください。

full-page-screen-capture2

検索結果から、「Full Page Screen Capture」を選択。

full-page-screen-capture3

右上の「CHROMEに追加」ボタンをクリックすると、ポップアップが出てくるので、「追加」を選択。

full-page-screen-capture4

これでインストールは完了。

full-page-screen-capture7

Google Chromeのメニューバーの右上にカメラのボタンが出てくると思います。

full-page-screen-capture5

Full Page Screen Captureの使い方

「Full Page Screen Capture」の使い方はとてもシンプル。

面倒な初期設定などは一切不要で、キャプチャを撮りたいページを開いて、先ほどのカメラボタンを押すだけです。

まず、キャプチャを撮りたいページを開きます。

full-page-screen-capture6

ページを開いたまま、左上のカメラボタンをクリック。

full-page-screen-capture5

すると右上に、処理時間を示すパックマンのような絵が出てきます。

full-page-screen-capture8

処理が終わると新規タブが立ち上がり、WEBページ全体のキャプチャが作成された、次のような画面が現れます。

full-page-screen-capture9

あとは、右クリックをして画像を保存するだけ。

full-page-screen-capture10

これでWEBページ全体のキャプチャが完成です。

おわりに

保存した画像をパワーポイントなどにコピー&ペーストすれば、簡単にWEBページ全体のキャプチャを挿入できます。

また、画像は必要に応じて、パワーポイント上のツールや画像編集ソフトなどでリサイズ・トリミングを行えば、思い通りの画像挿入ができると思います。

関連記事